自分が自分を一番知らない

今週に入ってから水道水が冷たくて気持ちいい。
年がら年中水道水が冷たい田舎の家で育ったので、関東で一人暮らしを始めた当初水道からぬるま湯が出てきてとても驚きました。思わず給湯器のスイッチを確かめたり、このぬるま湯でお米を研いでいいか悩んでみたり。慣れた今でも一瞬驚いてしまう。

閑話休題

 

真夏のダイエット生活。10日間で1キロの減量を達成するために私が最初にしたことは食生活の見直し。

とりあえず健康管理アプリに日々の食事を記録していくことに。食べてはいけないものは特になしで、1日の摂取目安は基礎代謝くらいを目標としました。

1週間ほど記録すると、自分の予想と違う原因を発見。

脂質、摂り過ぎ!!

 

利用しているアプリは食事を登録すると栄養素のバランスをグラフにしてくれるありがたい機能がついているのですが、ほぼ毎日、脂質が適正量をオーバー。
無類の炭水化物好きな私、オーバーするなら糖質だと思っていたのですが、予想に反して糖質はおおむね適正量でした。
お肉ばっかり食べているわけでもないし、なにがそんなに脂質を高くしているんだ?と頭にハテナを浮かべながら成分表をみることに。

ウインナー(冷蔵庫常備)、脂質すごいね…
良かれと思って食べてた焼き塩鯖も、案外すごいんだネ…
熱中症予防に飲んでた牛乳も、「乳脂肪分」っていうもんな…

高脂質な食品、便利使いしたり好物だったりと無意識に摂取していた。そうだよね、良質な脂だろうとなんだろうと脂質は脂質だし摂り過ぎたらいけないんだよ、当たり前でした。
自分は割と自分のことを知っている気でいたけれど、全然そんなことなかったことに気づかされた真夏の夜でした。